今日から9月

9月スタートしましたね~。

だんだんと涼しくなってきて・・・って、言葉の挨拶をすっ飛ばして、なんだ異常気象か?と思うぐらい昨日、今日と寒いです。

 

 

また来週ぐらいは暑さも戻ってくると思いますが、9月はぎっくり腰を始め、腰痛になりやすい季節と言われています。

実際、腰が辛いと言われるお客様も増えます。

夏の溜まった疲れが抜けないままだと、寒暖差や気圧の変化(台風など)に自律神経のバランスが崩され、寝ているときにも疲労が回復しにくく、筋肉がこわばったままで生活を送って腰をやっちゃうようです。

 

 

個人的には、夏の間は熱を放出するために身体(骨盤・肋骨)が少し開き、夏が終わりに近づくと、今度は冬へ向けて少しづつですが、熱を逃がさないように身体が閉じる方へシフトしていきます。

ですが、そのシフト変換に筋肉が硬まったままでついてこれず、テンションがかかり過ぎた状態で身体を使うと筋肉を断裂させるのではないかと思ってます。

 

また腰に辛さが出なくても、シフトチェンジしていく段階で、バランスを取るために背中(胃の裏辺り)が張りやすくなりその周囲の筋肉は硬くなりやすいです。

背中の硬まった筋肉は胃の活動を押さえこむので、胃腸が疲れやストレスを感じやすいなどの影響を与えると思います。

 

それと、最終的には暑さが和らいだことからくる油断。

気温は落ち着いてきても身体の疲れが溜まったままでは、運動などはじめても筋肉はついてこれません。

しっかり疲れを取ってから徐々に身体を動かしましょう。

 

そんな9月はおしりから腰回りのケアに注意しつつ、足裏や手のひらなど末端への刺激で自律神経の乱れを重点的に整えるのもおススメです。

 

飯田橋肩こり解消処 ハンモック